スポンサードリンク

第1回スカイプ座談会(2015年9月7日 午後10時)

この記事は約 3 分で読むことができ ます。


skype

昨日、twitterで知り合った
吃音持ちの方たちとSkype(スカイプ)をしました。

【参加者】

僕(yzoo)

Sさん(24歳男性)

Yさん(大学生21歳男性)
 

 

約2時間。
とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

 

と、同時に、
改めて思いました。
 

吃音で悩むことは皆同じ。

 

当然です。

この日本に住んで義務教育を経て、
ひと世代前のオトナたちが作り上げた古い常識に
ある意味、洗脳されて生きてきている以上

 

・同じ場面に立ち会い
・同じ場面でどもって
・同じように悔しい想いをする。

 

それは、30年以上前、
僕が学生だった頃に味わった、
その屈辱と何一つ変わっていなかった…。

 

本当に心が痛みます。

 

でも、ひとつだけ言えること。

 

それは、このように
スカイプやTwitterなどで
吃音者として同じ悩みを持った共感者、理解者と
インターネットを介して簡単に繋がれることです。

 

これは、本当にすごいことだと思います。

 

僕が高校くらいの時に
もしも今の環境があったら、
僕の人生はもっと変わったものに
なっていたかもしれないと思わされます。

 

僕は、今、48歳
 

昨日のスカイプ参加者さんの
SさんやYさんとの年齢の差は親子ほど違います。

 

でも、同じような思いをしてきた
同志というこの繋がりは
年齢の垣根もない、
本当に安らげる場所であったと思いますし
今後もそうであって欲しいと思います。

 

昨日は、はじめてということで、
まだ、ぎこちないところもあったけど
とても、楽しかったし、嬉しかったです。

 

と、同時に、こうも思いました。

 

彼らがこのまま30代、40代になっていく時に
僕と同じように、吃音に捉われ続け苦悩の日々を
送らないためにも、今、僕が出来ることは何があるのだろう…
 

おこがましいかもしれませんが
そんなことも考えさせられた一日でした。
 

本当に、皆素直で
いい青年です。

 

ぜひ、吃音から解放されて
真の自由と安らぎ、幸せを掴んで欲しいと思います。
 

Sさん、Yさん、
ありがとう!

 

今後も定期的にスカイプ座談会を
開催していきたいと思います。

 

『ぜひ、私も参加したい!』って方は
ご連絡ください!

 

 

もちろん、参加費とかかかりませんし
年齢性別など一切関係ありません。

 

また、聞くだけ、
チャット参加も歓迎です。

 

自己紹介やローテーションで
発言の強要とかはありません。

 

しゃべりたい時にしゃべって
もし、質問とかされても
話すのが苦しかったらチャットで返事をしてくれれば全然O.Kです!

また、ご家族、ご友人に
吃音の方がおられ、
吃音のことをもっと知りたいという方の参加も歓迎です!

 

吃音者に、どうやって接してあげればよいか
吃音者の視点からの意見も知ることができるかと思います。

 




コメントを残す