スポンサードリンク

ネガティブな吃音人生変えたいなら環境を変えろ

この記事は約 4 分で読むことができ ます。


kituonrajio

吃音を治したい

 

吃音を完全に克服できていない僕には
いつも、心の底にはこの想いはある。

 

吃音が完治できている自分。

正直イメージがわかないのです。

 

僕が考える吃音の完治ってのは
しゃべる時にまったく吃音のことを考えずに、

思ったままを、その瞬間に
しゃべることができる
ことだと思っている。

 

と考えると
どう考えても、自分の記憶から
どもっていた自分の記憶が消えることなんて考えられないので
僕の中では、今のところ【吃音の完治は無い】と思っている。

 

これは、僕個人の感覚であって
すべての吃音者には当てはまらないのかもしれない。

 

中には、完全に吃音を克服したって
言っている人もいるので
もしかして、吃音完治ってのもあるのかもしれない。

 

でも、完治はしなくても
吃音がそれほどストレスにならずに
生活できるレベルまで改善することは可能
だと思います。

 

もしも、僕が、
吃音に悩んでいる人たちに
アドバイスをするとすれば

まず、第一に
 

環境を変えること

 
を提案します。

 

環境を変えれば
行動が変わります。

 

行動が変われば
思考も変わります。

 

そうなれば
自ずと今まで吃音に捉われていた自分から
変われる可能性は高くなります。

 

その昔、僕も
吃音に捉われないような自分になりたい。
 

もっと、スケールのデカイい人間になりたい。
 

と、自己啓発系の本を読み漁っていた時期がありました。
 

でも、いくら読んでも
その時は、興奮するものの
次の日の朝になると
 

また、今までの
ネガティブなビビりな自分に戻っていました。

 

でも、今ならこのカラクリがわかります。

 

つまり、
変わらない環境の中で
どうあがこうが、根本的に、思考を変えることはできない。
と。
 

人間はどんな環境にも適応できる動物です。

 

裏を返せば
環境次第でどうにでも変われるんだ!
 

ってことに気付いたのです。

 

吃音ラジオという
吃音者である女性がパーソナリティをつとめる
インターネットラジオがあります。

 

吃音ラジオでは
吃音をテーマに、毎回色んなゲストを招き
その体験談を中心にトークが繰り広げられていきます。

 

この吃音ラジオの第4回で出演している
ライターの近藤雄生さんがお話していることで
とても印象的なことがありました。
 

彼ももともと吃音を持っていたそうです。
YouTubeで聴く限り、吃音はまったくといっていいほど
感じられませんでした。

 

その会話の中で、
中国に住んでいた時のことを語られておりました。

 

そして、
その中国在住がキッカケで
吃音を克服されたそうです。

 

この部分のお話は、吃音者にとって
かなりヒントになると思います。

 

近藤さんも、そういった自分の経験からも
環境を変えることの重要性を説いています。

 

この話を聞いて
僕はあらためて確信しました。

 
吃音の改善のヒントは
環境にある!
と。
 

近藤雄生さん出演の
吃音ラジオの第4回の放送は
YouTubeで観ることができます。

 
かなりたくさんの
吃音に捉われない生き方のヒントが語られています。
 
必聴です!

 

僕の知り合いに
ニートや引きこもりなど
社会に上手く適応できない人たちの
社会復帰支援をしている人物がいます。

 

彼がやっていることも、
実は、今日お話したことと同じ。

 

そう、
ニートや引きこもりの彼らの
環境を変えてやることです。

 

その結果
かなりの高確率で社会復帰させています。

 

この方の活動も非常に興味深いものとなりますので
今後は対談音声をこのブログでも紹介していけたらと思っています。

 

今の常識に捉われすぎてはいませんか?




コメントを残す