スポンサードリンク

LGBTの就労(バリバラ)を観て思うこと。

この記事は約 2 分で読むことができ ます。


LGBT

先日、NHKテレビの
バリバラ(バリアフリー・バラエティー!)で
LGBTの就労』というテーマが取り上げられていました。
YouTubeで視聴する
 

就労に関しては
吃音者にとっても
かなり深刻な問題のひとつとなっています。
 

そもそも、就労を“問題”として
位置づけてしまっていること自体
悔しいところでもありますが

現実問題、
吃音がために就職を断られたケースも
いまだたくさんあります。
 

さて、
今回バリバラで取り上げられたLGBT。
 

LGBTを知らない方に
簡単に説明しますと
 

L:女性同性愛者(レズビアン)
G:男性同性愛者(ゲイ)
B:両性愛者(バイセクシュアル)
T:性同一性障害含む性別越境者など(トランスジェンダー)

 
LGBT01
一般的には
セクシャルマイノリティ(少数派)に該当する
人々を意味する頭字語となります。
 

番組では、LGBTのみなさんが参加して
色々な悩みや実際に就労での問題を語っておられました。
 

そんな彼らの話を聞きながら感じた事は

LGBTだろうが、吃音だろうが
マイノリティな人たちの悩みどころは皆同じだと。

 

・同じような場面で
・同じような対応をされ
・同じように傷つき
・同じように苦しむ

悔しいことですが
これが現実だったりします。
 

今回ゲスト参加した
はるな愛(トランスジェンダー)を筆頭に
今やLGBTのタレントは毎日のようにテレビにも出ていて
かなり認知はされてきているものの
実際、就労においては大きなハンデを負ってしまっているのも事実。
 

心が痛むと同時に
こうも思います。
 

LGBTだから、吃音だからと
嘆いていても仕方ありません。

 
人生を豊かにするもしないも
要は自分次第ってこと。

 

人間はどんなハンデを負っても
幸せになれることはできるんです。
 

それは、
自分の心の持ち方次第。

 
こういった状況でも
前向きに生きている人たちを
見るたびに、たくさんの勇気をもらえます。

 

吃音に屈するなんて
悔しすぎませんか?

 




コメントを残す